メンテナンス

メンテナンス

  • 当社の姿勢
  • 送風機のメンテナンス

送風機のメンテナンス

ヨコソウマシニカルの目指すメンテナンスは、
状態基準保全(Condition Based Maintenance)と
現地で解析し解決する一環体制です。

状態基準保全は稼働中の運転データ採取から始まります。
早期の異常検出から精密診断を実施し、必要に応じた保全が確約できます。

メンテナンスの工程

1.補修の立案
この精密診断データから異常個所を割出し補修範囲及び交換部品を決定します。
2.修理・加工
前項での調査から劣化部品及び、形態の修理作業を行います。
3.組立検査

1)試運転診断
補修前に採取された解析データとの比較から異常の消滅を確認します。

2)各部の測定データを集積
振動スペクトル・バランシング・三次元表示による共振の調査。
以上が一般的メンテナンスの流れとなりますが、精密診断技術の採用により設備の傾向管理・異常の早期から検出・劣化の発生位置等々の割出し、オーバーメンテナンスを防ぎ的確な保全業務が確約されます。

設備診断技術による解析の一例

近来、設備の高性能化に伴い負荷の変動を回転数制御で対応させるのが主流となって来ました。
回転機械を構成する使用部品は、それぞれの固有振動数を持っています。この固有振動数と回転周波数が一致した時、共振による異常振動が発生し、遂には運転不能にまで発展することもあります。

従来の設計では、機械の回転数を決めこの回転数近辺での共振点を遠ざける方法で問題の解決をして来ました。しかし前述の如く、回転数の範囲が幅広く全ての回転数に対応する必要もあり、また、機械の据付状態にもおいても固有振動数が左右されることから、振動法による設備診断技術は、メンテナンス業務には避けて通ることが出来ない技術となりました。(別紙共振についての調査で詳細をご参考下さい。)

お引渡しまでの流れ

Section1.現地調査と報告書の作成
全国から寄せられるご相談内容に基づいて、お客さまの現地に出向き送風機の設置環境や稼動状況などを調べ、最適なメンテナンスプランをご提案します。また、必要に応じてFFTアナライザーでデータ採りをするなど、きめ細かな分析対応も行っています。
Section2.お見積もりと工程打ち合わせ
全国から寄せられるご相談内容に基づいて、お客さまの現地に出向き送風機の設置環境や稼動状況などを調べ、最適なメンテナンスプランをご提案します。また、必要に応じてFFTアナライザーでデータ採りをするなど、きめ細かな分析対応も行っています。
Section3.現地工事と試運転
工事条件等にもよりますが、基本的に全国対応でメンテナンス工事を承ります。工程に従い、経験豊富なスタッフがお客さまの現場で作業を行い、工事完了後の試運転は「ISO10816(振動規格値)」に従って判定。その後、お客さまへのお引渡しとなります。
Section4.お引渡しと報告書作成
工事条件等にもよりますが、基本的に全国対応でメンテナンス工事を承ります。工事完了後の試運転は「ISO10816(振動規格値)」に従って判定。その後、お客さまへのお引渡しとなります。お引渡し後、送風機メンテナンス工事について、わかりやすく、今後のために報告書を作成します。
PAGE TOP